ファクタリングを利用するメリット

ファクタリングを利用するメリット ファクタリングサービスを利用すると、どのようなメリットがあるのか知っておくと良いでしょう。
企業の資金調達の方法に銀行などからの融資がありますが、貸し倒れになって資金が回収できなくなることが警戒されます。審査には時間がかかり、赤字経営などでは断られます。審査に柔軟性のあるノンバンクのビジネスローンも限度額が低い、銀行などからイメージが悪くなるなどの問題があるので不便です。
ファクタリングの場合には、最短で即日の現金化も可能なので緊急時にも対応できることがメリットです。また、売掛債権を売却するので、自社が赤字経営でも利用できます。融資ではないので利用しても借り入れ額は増えず、銀行などのイメージの低下もありません。2社間と3社間がありますが、2社間で行えば売掛先に知られずにファクタリングサービスを利用できるので、取引に悪影響を出さずに済みます。さらに、償還請求権が放棄されている契約が一般的ですが、この場合は売掛先が支払いを拒否しても弁済が不要になるのでリスクヘッジにも役立ちます。

ファクタリングとは

ファクタリングとは ファクタリングと銀行融資やビジネスローンとの大きな違いが、貸付ではなく売掛債権を売却する仕組みです。
売却できるものがないと利用できませんが、将来手にできるお金を前倒しにして現金化する手法なので、ファクタリングをしても企業の経済的な信用に影響を及ぼさずに済みます。これは銀行からの融資を受けることを検討している場合などに、メリットになることを知っておくと良いでしょう。融資の審査には結果が出るまでに時間がかかるので、緊急でお金が必要になったときに間に合わなくなる恐れがあります。このようなケースでファクタリングで資金調達をすれば結果が出るまでの期間の資金不足に対処が可能です。
また、借り入れが増えるわけではないので審査で不利になって落とされる心配もありません。返済の義務もないので売掛先の倒産などで資金回収ができなくなっても、代わりにそれを払わなくても良いです。ただし、支払いは1回だけであり、貸付のように1年間に12回に分割できるものではないので注意しましょう。

新着情報

◎2019/12/9

銀行融資にはないメリットがいっぱい
の情報を更新しました。

◎2019/9/25

ファクタリングを利用するメリット
の情報を更新しました。

◎2019/7/22

審査で重要なもの
の情報を更新しました。

◎2019/5/30

ファクタリングに必要なもの
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

ファクタリング会社との契約トラブル
の情報を更新しました。

◎2019/2/8

サイト公開しました

「ファクタリング 売却」
に関連するツイート
Twitter